• shun shimizu

[Q&A]エスカレーターでのベビーカー使用で事故が発生した場合、どのような法的責任が発生しますか?

質問

エスカレーターでのベビーカー使用は危険であるため禁止されていますが、実際にはよくみかけます。万が一、ベビーカーが落下するなどして他の利用者等が怪我をした場合、どのような法的責任が発生し得るでしょうか。


回答


まず、民事責任としては、不法行為に基づく損害賠償責任が発生します(民法709条)。入通院に伴う治療費や通院交通費、入通院期間に応じた慰謝料、怪我で会社を休まなければならない場合の休業損害などを賠償する義務が発生します。もし、被害者に後遺障害が残った場合には、その体の不自由さに応じた後遺障害慰謝料や将来の収入減少(逸失利益)等の賠償が加わります。


また、エスカレーター利用の禁止事項に違反した上で事故が発生しているため、基本的に被害者側に過失が認められる余地はなく、損害について100%賠償する責任があると考えたほうがよいでしょう。

賠償額は多額になり得ますが、個人賠償責任保険の適用があれば保険金で全部又は一部の賠償をすることが可能です。エスカレーターを通常利用することが第一ですが、万が一のために保険加入の有無・適用の要件などを確認しておくといいと思います。

刑事責任としても、過失によって怪我をさせた以上、過失傷害罪等が成立します。刑事罰は基本的に故意犯、あえて犯行に及ぶ場合の処罰を念頭に置いていますので、過失傷害罪については30万円以下の罰金又は科料と比較的軽い法定刑になっています(刑法209条1項)。ただし、過失であっても「業務」上の行為で怪我をさせた場合や、単なる過失を超えて「重大な過失」が認められる場合には、5年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金と重い法定刑が定められています(刑法211条)。

今回の場合には、エスカレーターの禁止事項に違反した上で事故が発生しており、エレベーターを利用するなど他の方法を採ることで容易に事故を防げたと考えれば「重過失」が認められ、重い刑事罰が科せられる可能性もあります。



詳しい回答内容は弁護士ドットコムニュースに掲載されていますのでそちらをご覧ください。

 

 

弁護士 清水 俊


最新記事

すべて表示

[Q&A]「マスク拒否」の客に対して施設側はどこまで対応できる?

質問 施設側はマスク着用を拒否する客に対して、利用拒否や退去要求ができますか。 回答 誰を施設内に入れるか入れないかは、不合理な差別に当たらない限り、基本的に施設側の自由です。 ブランディングなど経営戦略上の判断も尊重されるでしょうし、施設の従業員やほかの利用者の健康・安全にすべきという社会的な要請に基づいて一定の条件で利用を拒否する場合もあるでしょう。 「ゴルフ場やレストランのドレスコード」など

[Q&A]「酒に酔って覚えてない」は罪にどう影響しますか? 

質問 車内に妻がいることを確認せずに機械式立体駐車場を操作してしまい、動き出した機械に妻が挟まれて死亡した事件で、機械操作をした夫が重過失致死罪で立件見込みというニュースがありました。夫は「酒に酔って覚えていない」と供述しているようですが、こうした事情がどのように犯罪の成否に影響しますか。 回答 「酒に酔っていて」物事の認識や判断能力を欠いている、あるいは著しく乏しい状態であったとすれば、心神喪失

[Q&A]職場の人事異動をネタにお金を賭けたら賭博罪に問われますか?

質問 福島県鏡石町の町職員が「人事ロト」と称して町役場の人事異動を予想して現金を賭けていたというニュースがありました。賭け金が少額なうえ、結果として配当されることがなかったとしても、賭博罪に問われますか。 回答 まず「賭博とは、『偶然の勝負ごとに金銭等を賭けること』をいいます。 人事異動自体はサイコロを振って決めているわけではないでしょうから、偶然に委ねている事柄とは言えません。ただ、その人事異動

Copyright © shimizulaw-keijibengo. All Rights Reserved.

TEL 080-7845-5528