[Q&A]他人の自転車を無断で乗り回しても「無罪」になるのですか?

質問

駐輪場に放置されている盗難自転車を持ち去ったとして、占有離脱物横領の罪に問われた男性の判決で、福岡地裁が無罪を言い渡したというニュースがありました。他人の自転車を乗り回しておいてなぜ無罪となるのでしょうか


回答


そもそも窃盗じゃないの?と素朴に思う方もいらっしゃると思います。窃盗罪は他人が占有している財物を奪う犯罪、占有離脱物横領罪は占有を離れた財物を自分の物として領得する犯罪です。要するに、他人が事実上の支配(占有)下に置いている財物かどうかに違いがあります。


今回のケースでは、無断使用した自転車が盗難自転車で、所有者や乗り捨てたであろう犯人などの支配を離れた『占有離脱物』であったため、窃盗罪ではなく占有離脱物横領罪が問われたようです。


次になぜ無罪となったのか?ということが気になりますね。

報道を見る限り、福岡地裁は、不法領得の意思が認められないため一時的な使用として無罪としました。

不法領得の意思とは、権利者を排除し他人の物を自己の所有物と同様に(『権利者排除意思』)その経済的用法に従いこれを利用し又は処分する意思(『利用処分意思』)を言います。前段の『権利者排除意思』は一時使用(いわゆる使用窃盗など)を処罰しないため、後段の『利用処分意思』は器物損壊罪と区別するための機能を果たします。


今回は、同じ自転車を繰り返し無断使用していたことが、『権利者排除意思』がなく一時的な使用として無罪なのか、それとも『権利者排除意思』を持って領得し占有離脱物横領罪が成立するのかが問題となりました。


無罪の決め手になったのは「自転車使用が1回数時間程度」で「毎回同じ駐輪場に戻していた」事実にあります。裁判所はその事実を重視し、そこから乗り捨てる意思がなく権利者排除意思がないと判断したと考えられます。


もしかしたら一般の感覚からは離れた結論なのかもしれませんが、事実に対する評価が入る以上、結論が分かれることはあります。この件が高等裁判所で判断されることになればもしかしたら有罪となるかもしれません。



詳しい回答内容は取材協力した弁護士ドットコムニュースに掲載されていますのでそちらをご覧ください。

 

 

弁護士 清水 俊


最新記事

すべて表示

[Q&A]無銭飲食で逮捕…「支払う気はあった」でもダメ?

質問 北海道小樽市の飲食店を利用した男性が、料金を支払えないことを知りながら飲食したとして、北海道警に詐欺の疑いで逮捕されるというニュースがありました。このケースでは手持ちがないことが分かっていたようですが、もし食べた後に財布がないことに気づいて、支払いたくても支払えない場合でも詐欺になってしまうのですか。 回答 詐欺罪とは、欺罔(ぎもう)行為によって、相手方を錯誤に陥らせて財物を交付させることを

[Q&A]ツール・ド・フランス大転倒事故、女性観客が逮捕…日本で起きたら法的責任は?

質問 自転車ロードレース「ツール・ド・フランス」で、沿道から道路に乗り出していた観客のプラカードに選手が衝突し、大きなクラッシュ事故となりましたが、観客の法的責任はどうなりますか? 回答 怪我をした選手との関係では、「傷害罪」が成立し得ます。 原因となった観客には選手に怪我をさせるつもりはなかったかもしれません。ただ、プラカードを路上に張り出す形で掲げること自体が「暴行」といえますし、暴行から傷害

[Q&A]自転車ロックせずに「有料駐輪場」を無断利用したらどうなりますか?

質問 有料駐輪場の自転車ロックをせずに無断で利用した場合、法的にはどうなりますか。 回答 基本的には民事責任の問題だと考えます。 無人駐輪場を利用する場合、契約書がなくても民法上の「契約」は成立します。駐輪場側は駐輪スペースを提供する義務を負い、利用者は利用時間に応じた駐車料金を支払う義務を負います。 その際、利用者がロック部分に自転車を入れることが契約の条件、あるいは契約成立のための事実行為だと