[Q&A]会社の同僚に病気をうつしたら傷害罪になりますか?

質問

会社の同僚に病気をうつしたら傷害罪になりますか?


回答

新型コロナウィルスが世界的に流行している中で、このような質問がありました。


コロナウィルスやインフルエンザに感染している人が、病気を認識しながらあえて出社して病気をうつした場合、理論上は傷害罪が成立し得えます。ただ、実際には因果関係の立証が困難だと考えます。

つまり、感染力のある病気に罹患した人が出社し、現にほかの社員が同じ病気を発症したとしても、他の感染経路を否定できないため、どうしても因果関係に合理的な疑いが残ってしまいます。コロナウィルスなど潜伏期間が比較的長い場合にはその他の感染ルートの可能性がより大きくなります。病気をうつすためにあえて感染リスクの高い行為に及ぶなどの事情がない限り、なかなか刑事事件にはなりにくいと考えます。


他方、感染させ得ることを認識しながらあえて職場に行く行為は、他の労働者の健康を害し、職場環境を乱す危険性のある行為です。会社も、その事実が判明した段階で事業所の消毒作業や一斉休業などの対応を余儀なくされる可能性もあるため、場合によっては労働契約上の懲戒処分や民事上の損害賠償の対象にはなり得ると考えます。

 

 

弁護士 清水 俊


最新記事

すべて表示

質問 貨幣処理機製造大手の会社で、その社員が約13年間で計約21億5500万円を横領し、競馬の馬券購入に「約17億6300万円」、日常的な飲食代や遊興費に「約3億9200万円」を費消したというニュースがありましたが、刑事上・民事上の法的責任はどのようになりますか。 回答 まず、横領罪とは他人から預かっている物を自分のものにしてしまう犯罪で、5年以下の懲役となります。業務上預かっている物を横領した場

質問 北海道小樽市の飲食店を利用した男性が、料金を支払えないことを知りながら飲食したとして、北海道警に詐欺の疑いで逮捕されるというニュースがありました。このケースでは手持ちがないことが分かっていたようですが、もし食べた後に財布がないことに気づいて、支払いたくても支払えない場合でも詐欺になってしまうのですか。 回答 詐欺罪とは、欺罔(ぎもう)行為によって、相手方を錯誤に陥らせて財物を交付させることを

質問 自転車ロードレース「ツール・ド・フランス」で、沿道から道路に乗り出していた観客のプラカードに選手が衝突し、大きなクラッシュ事故となりましたが、観客の法的責任はどうなりますか? 回答 怪我をした選手との関係では、「傷害罪」が成立し得ます。 原因となった観客には選手に怪我をさせるつもりはなかったかもしれません。ただ、プラカードを路上に張り出す形で掲げること自体が「暴行」といえますし、暴行から傷害