弁護士費用

ご依頼の流れ

Step1

法律相談

事実関係を確認し、事件の見込みや一般的な手続の流れ、弁護士を就けるべきかどうかなどをアドバイスさせていただきます。

Step2

委任契約の締結

弁護士費用のご説明をした上で、委任契約を締結します。着手金と実費預り金は、原則として事件受任時に現金あるいはお振込み等によりお支払いいただくことになります。

Step3

事件の終結

不起訴処分や判決が出ることで事件終了となります。報酬金は、事件の内容や結果を考慮して決めます。

初回相談

刑事事件の初回相談料は無料です。

​刑事事件は一刻を争います。まずはお一人で抱え込まずにご相談ください。

着手金

刑事事件の着手金は、以下になります。

刑事事件の内容

着手金

起訴前及び起訴後(第一審及び上訴審をいう。以下同じ。)の事案簡明な事件

30万円以上50万円以下

起訴前及び起訴後の前段以外の事件及び再審事件

再審請求事件

50万円以上

50万円以上

※事案簡明な事件とは、特段の事件の複雑さ、困難さ又は繁雑さが予想されず、委任事務処理に特段の労力又は時間を要しないと見込まれる事件であって、起訴前については事実関係に争いがない情状事件、起訴後については公判終結まで公判開廷数が1ないし3開廷程度と見込まれる情状事件(上告事件を除く。)、上告審は事実関係に争いがない情状事件をいう。

報酬金

刑事事件の報酬金は、以下になります。

前段の額を超えない額

求刑された刑が軽減された場合

前段以外の刑事事件

50万円以上

50万円以上

60万円以上

50万円以上

不起訴

求略式命令

刑の執行猶予

無罪

起訴前

起訴後

求刑された刑が軽減された場合

軽減の程度による相当な額

検察官上訴が棄却された場合

50万円以上

50万円以上

再審請求事件

刑事事件の内容

報酬金

30万円以上50万円以下

刑の執行猶予

求略式命令

前段の額を超えない額

30万円以上50万円以下

結果

起訴前

不起訴

事案の簡明な事件

起訴後

※事案簡明な事件とは、前条の事案簡明な事件と見込まれ、かつ結果において予想された委任事務処理量で結論を得た事件をいう。

その他

上記以外に「実費」として交通費やコピー代、切手代等がかかります。

​詳細は、面談の際にご説明いたします。まずはお問い合わせください。

Copyright © shimizulaw-keijibengo. All Rights Reserved.

TEL 080-7845-5528