[Q&A]接見禁止とは何ですか?いつ家族と面会できますか?

質問

接見禁止とは何ですか?いつ家族と面会できますか?


回答

 裁判所は、検察官の請求を受けて、逮捕された被疑者について引き続き身柄拘束すべきかを決定します(勾留決定)。その際、逃亡や証拠隠滅の恐れがある場合には弁護人以外の人との接見を禁止することができます。それを「接見禁止」と言います。共犯者がいる事案や組織的犯罪の場合に接見禁止がつけられる傾向があります。

 接見禁止がつけられる場合、大体は家族も含めて面会が禁止されます。起訴されれば接見禁止が解かれるのがほとんどですが、逮捕から起訴まで何週間も会えないというのは本人やご家族にとってかなり辛いものです。

 そのような場合に弁護人がとる手段が、「接見禁止の一部解除」です。裁判所は接見禁止の対象者を職権で決めることができるため、配偶者など被疑者と近しい人との接見を認めてもらえるよう「お願い」するわけです。裁判所は記録を読み、検察官の意見も聞いて、一部解除という職権を発動するかを決めます。事件や捜査状況にもよりますが配偶者は認められることが多いです(接見禁止の一部解除が認められたケース)。

 


弁護士 清水 俊


最新記事

すべて表示

質問 貨幣処理機製造大手の会社で、その社員が約13年間で計約21億5500万円を横領し、競馬の馬券購入に「約17億6300万円」、日常的な飲食代や遊興費に「約3億9200万円」を費消したというニュースがありましたが、刑事上・民事上の法的責任はどのようになりますか。 回答 まず、横領罪とは他人から預かっている物を自分のものにしてしまう犯罪で、5年以下の懲役となります。業務上預かっている物を横領した場

質問 北海道小樽市の飲食店を利用した男性が、料金を支払えないことを知りながら飲食したとして、北海道警に詐欺の疑いで逮捕されるというニュースがありました。このケースでは手持ちがないことが分かっていたようですが、もし食べた後に財布がないことに気づいて、支払いたくても支払えない場合でも詐欺になってしまうのですか。 回答 詐欺罪とは、欺罔(ぎもう)行為によって、相手方を錯誤に陥らせて財物を交付させることを

質問 自転車ロードレース「ツール・ド・フランス」で、沿道から道路に乗り出していた観客のプラカードに選手が衝突し、大きなクラッシュ事故となりましたが、観客の法的責任はどうなりますか? 回答 怪我をした選手との関係では、「傷害罪」が成立し得ます。 原因となった観客には選手に怪我をさせるつもりはなかったかもしれません。ただ、プラカードを路上に張り出す形で掲げること自体が「暴行」といえますし、暴行から傷害