[Q&A]国選と私選はどう違いますか。やはり国選よりも私選の方が有利でしょうか?

質問

国選と私選はどう違いますか。やはり国選よりも私選の方が有利でしょうか?


回答

国が選任するのが国選弁護人、本人やご家族が自ら選んで依頼するのが私選弁護人です。弁護人としての権限に違いはなく、建前上どちらが有利ということはありませんが、いくつか重要な違いがあります。


[弁護士を選べるかどうかの違い]

国選は弁護人を選べず、特別な事情ない限り変更もできません。ご本人あるいはご家族と弁護人との間は信頼関係で成り立っており、話しやすさや相性も重要な要素となります。国選弁護人が就いた後でも私選弁護人に切り替えることはできますのでご相談頂ければと思います。


[弁護士費用など経済的なご負担の違い]

国選の場合、選任から事件終了まで本人やご家族が弁護士費用を支払うことはありません(示談金など事件処理に必要な金銭をお預かりする必要はあります)。報酬は事件終了後に国が決めて弁護人に支払います。本人に費用を負担させるかどうかは裁判官が決めますが、一般的に私選よりも低額ですし、負担させないことも多々あります。


私選の場合、弁護士費用は各事務所規定に基づいて、弁護士と依頼者とで協議して決めます。通常は受任時にご用意いただく着手金と実費、事件終了時にお支払いいただく報酬金で成り立っています。これに示談金が別途かかることなども考えると経済的なご負担の大きさという意味では私選にするか国選にするかはとても重要な問題です。


国選と私選で権限に違いはなく、国選だと示談をしてくれないといったことはありません。ただ、弁護活動に必ずしも必要でない事柄に関して弁護人としてどこまで行うかは各弁護士の判断に委ねられていると言えます。弁護人にどういったことを頼みたいのか、率直にご相談頂ければアドバイスさせていただきます。


弁護士 清水 俊


最新記事

すべて表示

[Q&A]ツール・ド・フランス大転倒事故、女性観客が逮捕…日本で起きたら法的責任は?

質問 自転車ロードレース「ツール・ド・フランス」で、沿道から道路に乗り出していた観客のプラカードに選手が衝突し、大きなクラッシュ事故となりましたが、観客の法的責任はどうなりますか? 回答 怪我をした選手との関係では、「傷害罪」が成立し得ます。 原因となった観客には選手に怪我をさせるつもりはなかったかもしれません。ただ、プラカードを路上に張り出す形で掲げること自体が「暴行」といえますし、暴行から傷害

[Q&A]法定刑を超える判決なんてあり得るのですか?

質問 東京地検が、被告人2人に法定刑を超える求刑をし、東京地裁もまた法定刑を超える判決を言い渡したというニュースがありました。そのようなことがあり得るのですか。 回答 検察庁や裁判所といった組織に対し、少なくとも形式面のチェックについてはある種の信頼感がありましたので、判決までいってしまったことには驚きました。 ただ、私自身も、受験生だった頃に比べると、基本書(教科書)や六法を開く機会は圧倒的に減

[Q&A]「マスク拒否」の客に対して施設側はどこまで対応できる?

質問 施設側はマスク着用を拒否する客に対して、利用拒否や退去要求ができますか。 回答 誰を施設内に入れるか入れないかは、不合理な差別に当たらない限り、基本的に施設側の自由です。 ブランディングなど経営戦略上の判断も尊重されるでしょうし、施設の従業員やほかの利用者の健康・安全にすべきという社会的な要請に基づいて一定の条件で利用を拒否する場合もあるでしょう。 「ゴルフ場やレストランのドレスコード」など