[Q&A]夫のクレジットカードを妻が使用することは犯罪になりますか?

更新日:2020年3月10日

質問

夫のクレジットカードを妻が使用することは犯罪になりますか?


回答

結論から言えば「なり得る」と考えます。


クレジットカード払いとは、カード会社が商品代金を立て替え、カード会員がカード会社に後払いする決済システムであり、カード会員に対する『信用』で成り立っています。


日本クレジット協会のHPにも書かれているとおり、家族や友人であっても貸与は許されません。夫婦であれば実害はないことがほとんどかもしれませんが、夫婦であっても財布が一緒ではなかったり、中には破綻している場合もあるため、一律に禁止せざるを得ないわけです。カード会社としても、妻や子にカードを使用させたいというニーズに対して「家族カード」というサービスを提供しているわけです。


そのため、カード名義人ではない者がカードを利用して商品を購入した場合、店舗に対する詐欺罪が成立します。名義人と使用者が仮に夫婦関係にあったとしても、名義人を偽っている点を重視すれば形式的には詐欺罪が成立すると考えられます(夫婦など名義人本人と同一視できる場合には詐欺罪が成立しないという見解もあります)。


もっとも、妻が夫のカードを使う場合など明らかに与信を受けた名義人とは別人であることを店舗側が認識していた場合には店舗側に錯誤がないとして詐欺未遂罪に留まる余地がありますし、実害がないケースは事件化しないか起訴に至らないのがほとんどだと思います。


詳しい回答内容は弁護士ドットコムニュースに掲載されていますのでそちらをご覧ください。

 

 

弁護士 清水 俊


最新記事

すべて表示

質問 貨幣処理機製造大手の会社で、その社員が約13年間で計約21億5500万円を横領し、競馬の馬券購入に「約17億6300万円」、日常的な飲食代や遊興費に「約3億9200万円」を費消したというニュースがありましたが、刑事上・民事上の法的責任はどのようになりますか。 回答 まず、横領罪とは他人から預かっている物を自分のものにしてしまう犯罪で、5年以下の懲役となります。業務上預かっている物を横領した場

質問 北海道小樽市の飲食店を利用した男性が、料金を支払えないことを知りながら飲食したとして、北海道警に詐欺の疑いで逮捕されるというニュースがありました。このケースでは手持ちがないことが分かっていたようですが、もし食べた後に財布がないことに気づいて、支払いたくても支払えない場合でも詐欺になってしまうのですか。 回答 詐欺罪とは、欺罔(ぎもう)行為によって、相手方を錯誤に陥らせて財物を交付させることを

質問 自転車ロードレース「ツール・ド・フランス」で、沿道から道路に乗り出していた観客のプラカードに選手が衝突し、大きなクラッシュ事故となりましたが、観客の法的責任はどうなりますか? 回答 怪我をした選手との関係では、「傷害罪」が成立し得ます。 原因となった観客には選手に怪我をさせるつもりはなかったかもしれません。ただ、プラカードを路上に張り出す形で掲げること自体が「暴行」といえますし、暴行から傷害